100IDEES woekshop
10 February 2016

これまでにも、何度もお世話になっている渋谷西武の100IDEESさんで
ワークショップをさせていただきます。

今回は、100IDEESさんが5周年の記念ということもあり
ありがとうの気持ちをお伝えできたらとのお話がありました。
春は出会いと別れの季節でもありますし?春らしくありがとうを
伝えられるデザインを考えました。

図案を印刷したクラッチバッグを用いて、ぬりえをするように刺繡します。
生地が厚手なので、刺すのに時間がかかると思いますが、
いろんな『ありがとう』を想いながら、ゆっくりと丁寧に
仕上げていただけたらと思います。

ぬりえのように刺繡するクラッチバッグ

日 時:2016/03/12(sat) 10:30 - 13:00
持ち物:刺繡枠(21cmがおすすめ)・糸切り鋏・刺繡針・チャコペン・筆記用具
参加費:¥6,500+tax(材料費込み)
場 所:西武渋谷店A館7F サンイデーさん
申込み:tel : 03-3462-3324
    *2/13(sat) 10:00~サンイデーさんでお電話のみの受付

詳細・申込み

*画像はプリントではなく、直接刺繡しているので、実物とは少し異なります
*帆布生地のため、刺し進めるのに少し時間がかかることが予想されますので
 ご理解いただいたうえ、お申込みください

» Permalink


TODAY'S SPECIAL
07 January 2016

あけましておめでとうございます!
2016年はどんな年になるでしょうか
たくさんのご縁に恵まれる、実り多い1年になればと思います。
本年もよろしくお願いします。

さて、今年はじめのお知らせは、お店もなまえもすきなTODAY'S SPECIALさんでの
ワークショップ
TODAY'S SPECIALさんのオリジナルマルシェバッグに、今回のワークショップのために
デザインした図案をプリントし、ぬりえするように刺繡します。

寒い冬、お家で過ごす時間がふえるこの季節に刺繡をはじめてみてはいかがでしょう?
店内では、寒い冬をお家で楽しく過ごすためのアイテムが揃うそうです。
2月末までわたしの刺繡作品も数点置いていただくので、そちらもぜひご覧ください。

<workshop>

2016/01/26(tue)

12:00 - 14:30
18:00 - 20:30

持ち物:刺繡枠(21cm)・糸切り鋏・刺繡針・チャコペン・筆記用具

詳細・申込み

*画像はプリントではなく、直接刺繡しているので、実物とは少し異なります

» Permalink


cokitica_2015-2016AW
24 August 2015

ふたりのちいさな男の子による、魔法の国への冒険の物語がコンセプトのキッズブランド
cokiticaさんは、毎シーズンのコレクション発表時に、シーズンテーマに合わせた
1点ものの作品を作家さんとつくられています。

以前から、気にかけてくださり、「いつかあつみちゃんにもつくってもらいたい」っと
言ってくださっていたのが、ついに実現しました!
17回目となる今回、第17章 [ The REALM of FAERIES ] のお話に登場する
妖精のいたずらから守ってくれるアイテムを12点つくらせていただきました。

cokiticaさんの生地やリボンなどを提供していただき、刺繡したエンブレムやバッグ
タペストリーなど普段はつくらないものにも挑戦し、新しい自分を引き出していただいたように思います

案内状に書かれているお話を楽しみにしていたので本当に嬉しい機会でした。
おかげさまで、完売したということで、12点それぞれにお店やお客様のもとに届くようです。
どこかでみかけたら、じっくりとみてみてください。

12点のアイテムのことをblogでもご紹介いただいていますので
こちらもぜひご覧ください

» Permalink


男の見極め術 21章
30 March 2015

久しぶりに本の装画をつくらせていただきました。
たくさんの本を出されている唯川恵さんの恋愛エッセイ
とても軽快で、どんどん読み進んでいきますが、思い当たるところがあったりなかったり
ときどき、チクっと自分の奥深いどこかをつつかれる鋭さがあります。
甘いだけではない大人の女性の悩み、迷い、包容力などが
表紙にも反映できたらと思いながらつくりました。

大久保佳世子さんの解説が、すごく赤裸々で心の声を素直に文章にされていて
興味深かったです。
解説もぜひ読んでみてください

Amazon : 男の見極め術 21章

» Permalink


装苑 2015_4
30 March 2015

装苑4月号の特集の中で、ワンピースとタイツのデザインをさせていただきました。

4人の分野の異なるアーティストが自分の作品をもとにワンピースとタイツさんの定番の
Aラインワンピースとタイツをデザインするこの企画にお声掛けいただいたことが
とっても嬉しかったです。
はじめての試みに苦戦しましたが、とてもいい経験になりました。

ラフォーレにオープンしたワンピースとタイツのお店でも限定販売されるようです

» Permalink


刺繍のいろ
14 April 2014

新しい本ができました!
今回は、"いろ”をテーマにした刺繍の本『刺繍のいろ』

これまで、「いろが独特だね」っと言われることの多かったわたしの作品。
自分では深く考えていなかったけれど、刺繍のすきなところのひとつに、
糸のいろの美しさがあり、色合わせを考えるのは、楽しい行程のひとつです。
でも、調べてみると大混乱!!地域や宗教、時代によって受け止められ方が違うし
ほとんどのいろが、矛盾した意味を持っていたり。。。
困ったわたしは、もうひとつ"連想ゲーム”というテーマを設けました。
いろのイメージから連想するかたち、モチーフを刺していくと
繰り返すことで、意味が強くなったり、いろを変えてみたり、足したり引いたりすると
表情が変わったり、ちょっとした実験のような制作時間でした。

今回は、判型も大きく、127pもあるので、これまでにない数の作品をつくりました。
"いろ”がテーマなので、写真のいろや、装丁にもすごくこだわりました。
毎回、なにかひとつチャレンジをしたいと思って望む本づくり、今回は少し欲張ったので
途中、くじけそうになりましたが、たくさんの方の支えがあって無事完成しました。
たくさんの方に届きますように。

デザイナーの保里さんには、わたしの拙い説明を想像以上のカタチにしていただき、
特にカバーは、重なり合ういろがとても美しいものになりました。
憧れの方とお仕事ができてしあわせでした。
カメラの松木さんは、染めている生地や微妙に違う糸のいろの組み合わせを
これまでになく綺麗に、優しく、凛とした写真を撮ってくださいました。
あの、記録的な大雪の日の撮影は、忘れられません。
スタイリストの西森萌さんは、わたしのフワッとしたイメージをしっかりと汲み取って
どこか懐かしくてかわいさと強さを併せ持ったスタイリングをしてくださったのと、
なにより西森さんがいてくださったおかげで、本当に楽しく撮影できました。
編集の杵淵さんには、長い間わたしのわがままと妄想と暴走におつきあいいただき、
きっと何度も不安になったり、胃が痛い日々があったと思いますが、はじめの頃に
「わたしの代表作を一緒につくりたい」と言ってくださったのを今でも嬉しく思います。
今回もOLYMPUSさんに糸を提供していただきました。

単独としての著書は3冊目これまでの本同様、みなさんに長く愛されますように。

Amazonでの予約もはじまっています。

個展もしたいので、また追ってお知らせします。

» Permalink