手芸とわたし 代官山蔦屋書店
12 October 2014

代官山蔦屋さんで紙刺繡のワークショップをさせていただいたのは今年のはじめ。
今年も残すところあと2ヶ月ちょっとだと思うと早くも気持ちが焦ります。。。
焦っても仕方ないのにね。

この蔦屋さんでのワークショップは、"代官山蔦屋書店の小さな手芸教室”の
第3回目でした。 その小さな手芸教室がもうすぐ1周年ということで、
1周年記念イベント『手芸とわたし』が開催されます。
ひとくちに手芸といっても、様々な分野の作家さんが出展されるので
とっても面白い、充実したものになりそうです。

わたしは、紙刺繡の作品をはじめちょっとずついろいろと出展します。
今回は、小さな手芸教室にちなみ、WSでつくった紙刺繡のファイルと
カードがセットになったものや、くるみボタンキットを新たにつくりました。

読書の秋、お散歩の秋?
ぜひお立ち寄りください。

代官山蔦屋書店 小さな手芸教室1周年記念イベント『手芸とわたし』

日にち:10/15(wed)~11月中旬(20日前後)
場 所:3号館1F 料理フロア

代官山 蔦屋書店のちいさな手芸教室がこの冬で1周年を迎えます。
手仕事の素晴らしさを伝えてくれた作家さんとお客様の楽しい笑顔の溢れる教室です。
1周年の感謝をこめて、今まで手芸教室で教えて頂いた 11名の作家さんと、
これから教えて頂く2名の作家さんの展示販売会を開催いたします。
13名の素敵で旬な商品の数々を一堂にお楽しみください!
ご自分へのご褒美や大切な方への贈り物に最適です。
(1点ものが多い為、売りきれると再入荷の難しい商品がございます)

<参加作家 (敬称略・WS開催順)
大野 紅(ロゼット展示のみ)/ TIER 長浦 ちえ(水引)/ atsumi(刺繍)
AVRIL(糸)/ 野田 治美(さき編み)/ のそ子(羊毛フエルト)
とみこはん(消しゴムはんこ)/ 越膳 夕香(ミニがまぐち)/ artist in (レース)
高宮 紀子(プラかご展示のみ)/ solxsol 松山 美紗(多肉植物)
Bahar 春日 一枝(ミャンマーグッズ、ポンポン)/ 土田 由紀子(つまみ細工)

» Permalink


ボタン好きのためのボタン展
05 September 2014

今回で3回目になる『ボタン好きのためのボタン展 vol.3』に
今回も参加させていただきます。
いつも楽しい企画をしているマノマノさん、今回もいろんな作家さんのボタンで
楽しい、にぎやかな空間になるんでしょうね。楽しみです。

京都へも巡回しますので、名古屋と京都のみなさんよろしくお願いします!

<NAGOYA -スタジオ・マノマノ

会 期:2014/09/12(fri) - 23(tue)祝*(17,18はお休み)
時 間:13:00 - 20:00
会 場:スタジオ・マノマノ

<KYOTO -alphabet

会 期:2014/10/23(thu) - 11/04(tue)祝*(29はお休み)
時 間:11:00 - 20:00 *最終日は16:00まで
会 場:alphabet

» Permalink


a color of embroidery
28 July 2014

春に出版した『刺繍のいろ』の出版記念展示を開催します。
今回は、東京→名古屋→神戸と巡回します。
はじめての試み、少し憧れていた音楽家のツアーのようで嬉しいです。

書籍掲載作品の他に、『いろ』をテーマにつくったアクセサリーや
オリジナルグッズなどもお披露目できると思います。

どの会場もだいすきな場所。展示できるなんて夢みたい。
暑い夏がやってきましたが、涼みがてら?見に来ていただけたらうれしいです。

<神戸展在廊予定>
9/26(fri)14:00頃から在廊予定
27(sat)13:00-16:00はワークショップのため、別会場にいます。
前後はできる限り在廊予定
28(sun) 13:00-17:00頃まで在廊予定

<TOKYO:森岡書店
2014/08/25(mon) - 30(sat)
13:00 - 20:00

<NAGOYA:ON READING
2014/09/03(wed) - 08(mon)
12:00 - 20:00

<KOBE:TRITON CAFE
2014/09/26(fri) - 10/13(mon)
12:00 - 20:00

*ワークショプ『エプロンに刺繍しよう』を開催します。
日にち:09/27(sat)
時 間:13:00-16:00
定 員:8名
参加費:¥7,800+tax(エプロン代:¥6000+¥1800)
    お茶、材料費込み
持ち物:刺繍枠、針、はさみ等の裁縫道具
場 所:Le GRENIER 3F
    *当日は、TRITON CAFEにて受付を済ませてから会場へお越しください。
内 容:今回の展示のために新たに制作した図案をプリントしたエプロンに
    色を塗るように刺繍し、オリジナルのエプロンに仕上げます。
申込み:t e l :078-251-1886
    mail: contact@triton-cafe.jp

    TRITON CAFEへ電話かメールでお申し込みください。
    その際、氏名・連絡先・参加人数(持ち物のうち、お持ちでないものがある方は
    その旨お伝えください)をお知らせください。

» Permalink


tottorante
24 June 2014

仲良くしてもらっている料理家のトットちゃんの屋号をつくらせてもらいました。
前から、『いつかつくってほしい』と言ってくれていたトットちゃん
屋号で、看板にもなるものをつくってほしいと言ってくれるその気持ちがとても嬉しくて
同時に少し緊張したけれど、すきな人を想いながらつくる時間はとてもしあわせでした。
わたしのすきな野菜や、架空の野菜、トットちゃんがすきそうな野菜を周りにちりばめて
森の中にあるレストランをイメージしてつくりました。
このレストランに行くと、心身ともにげんきになります。
わたしがトットちゃんに会うたびにげんきをもらうように。

これからイベントなどで実物を見られる機会がたくさんあると思うので
美味しくって優しいごはんを食べるついでに少し見てもらえたら嬉しいです。

tottorante

» Permalink


装苑 2014_6
24 May 2014

学生の頃からだいすきな雑誌装苑6月号のタイトルの刺繍をさせていただきました!
今回のテーマは『刺繍とレース』
興味津々、充実の内容です。
6月号ということで、初夏の予感を2色の水色に託してみました。
画数の多い漢字がわたしの刺繍魂に火をつけ、とっても楽しい時間でした。

そして、誌面では4Pにわたり作品などなどご紹介いただいています。
自分が撮影されるのが、ほんとうにニガテで。。。かなりひきつっていますが
いつかよい思い出になるかな?

インタビューをしていただき、記事を見ていつも思うのですが
ことばの言い回し、表現によって自分のことではないみたいに素敵に語られています。
すごいな〜。 
いつも照れくさいけど、少し客観的に自分をみられるよい機会なのかもしれません。

» Permalink


刺繍のいろ
14 April 2014

新しい本ができました!
今回は、"いろ”をテーマにした刺繍の本『刺繍のいろ』

これまで、「いろが独特だね」っと言われることの多かったわたしの作品。
自分では深く考えていなかったけれど、刺繍のすきなところのひとつに、
糸のいろの美しさがあり、色合わせを考えるのは、楽しい行程のひとつです。
でも、調べてみると大混乱!!地域や宗教、時代によって受け止められ方が違うし
ほとんどのいろが、矛盾した意味を持っていたり。。。
困ったわたしは、もうひとつ"連想ゲーム”というテーマを設けました。
いろのイメージから連想するかたち、モチーフを刺していくと
繰り返すことで、意味が強くなったり、いろを変えてみたり、足したり引いたりすると
表情が変わったり、ちょっとした実験のような制作時間でした。

今回は、判型も大きく、127pもあるので、これまでにない数の作品をつくりました。
"いろ”がテーマなので、写真のいろや、装丁にもすごくこだわりました。
毎回、なにかひとつチャレンジをしたいと思って望む本づくり、今回は少し欲張ったので
途中、くじけそうになりましたが、たくさんの方の支えがあって無事完成しました。
たくさんの方に届きますように。

デザイナーの保里さんには、わたしの拙い説明を想像以上のカタチにしていただき、
特にカバーは、重なり合ういろがとても美しいものになりました。
憧れの方とお仕事ができてしあわせでした。
カメラの松木さんは、染めている生地や微妙に違う糸のいろの組み合わせを
これまでになく綺麗に、優しく、凛とした写真を撮ってくださいました。
あの、記録的な大雪の日の撮影は、忘れられません。
スタイリストの西森萌さんは、わたしのフワッとしたイメージをしっかりと汲み取って
どこか懐かしくてかわいさと強さを併せ持ったスタイリングをしてくださったのと、
なにより西森さんがいてくださったおかげで、本当に楽しく撮影できました。
編集の杵淵さんには、長い間わたしのわがままと妄想と暴走におつきあいいただき、
きっと何度も不安になったり、胃が痛い日々があったと思いますが、はじめの頃に
「わたしの代表作を一緒につくりたい」と言ってくださったのを今でも嬉しく思います。
今回もOLYMPUSさんに糸を提供していただきました。

単独としての著書は3冊目これまでの本同様、みなさんに長く愛されますように。

Amazonでの予約もはじまっています。

個展もしたいので、また追ってお知らせします。

» Permalink